那須塩原の歯医者

小児歯科

小児歯科とは

歯は生えてから1~2年はとてもむし歯になりやすく、予防が特に大切な時期です。歯並びも完成していく時期です。そのため、お口の管理が大切になります。その第一歩が子供たち自身による歯みがきです。しかし、それだけではむし歯から守ることは出来ません。ご家族の皆さんと私たちが一緒に健康づくりに取り組んでいきたいと考えております。

子供のむし歯予防の大切さ

一度むし歯になってしまうと本来の健康な歯と全く同じ状態に回復させることはできません。また、むし歯や歯周病は、原因菌・生活習慣・治療状態などの要素が絡み合い、なかなか「負の連鎖」から抜け出せなくなります。このようなことから、当院ではむし歯や歯周病にならないように、幼い頃からしっかり予防することがとても大切だと考えています。

子供のむし歯を予防するメリット

小さなお子さまのうちからしっかりむし歯予防する事で、以下のようなメリットがあります。

  • 子供の歯(乳歯)にむし歯がなければ、大人の歯(永久歯)がむし歯になる確率が減ります。
  • 子供の歯がむし歯になるのを防ぐことで、歯並びが悪くなるのを防ぎます。
  • むし歯予防の一つである「規則正しい食生活」を行うことで、むし歯予防だけでなく、心と身体の健全な成長発育にとっても良い影響を与えます。
  • 子供の頃からむし歯予防の習慣を身につけておくことにより、成人疾患のひとつである歯周病予防にも大変有効です。
  • 子供の頃から予防を行っておくことにより、ケアのきちんとした知識が身につけられ、大人になってもご自身の歯で美味しく食事をすることができます。

小児歯科の治療内容

小児歯科治療

年齢や歯の生え変わりを考慮し、最適の治療方法を提示し、保護者の方へ説明・同意を頂いた上で治療にあたります。お子さんが怖がらずに通える歯科医院づくりを心がけています。

フッ素コート

フッ素を全歯に塗布します。フッ素は虫歯菌の活動を抑え、歯を強くする働きがあります。

シーラント

奥歯の溝は複雑な形をしています。歯ブラシの毛先が入らず、虫歯になりやすい溝をレジン(プラスチック)で埋めてしまう予防充填です。

当院の小児歯科治療

当院では、お子さんを押さえつけての治療は行いません。悪い部分を早く治したいがために、お子さんが泣いていてもやってくれとおっしゃる親御さんもいますが、そのような場合もお断りしております。無理やりの治療は、お子さんの心の傷となってしまうことがあるからです。

歯科治療は最初が肝心です。時間がかかっても、お子さんが将来、歯医者嫌いにならないような治療の進め方を心がけております。そのためにも、きちんと歯の大切さ、治療の大切さを伝え、お子さん自身が納得して治療にのぞめるような工夫をしております。