那須塩原の歯医者

アマルガム除去治療

アマルガムとは

アマルガムとは、銀・スズ・銅・亜鉛の粉末と無機水銀との合金です。50%が水銀(重金属)で出来ています。アマルガムは口の中では少しずつ腐食して水銀が溶け出し体内に蓄積されます。アマルガムを削ると水銀及び水銀ガスが発生し体にとって危険です。

水銀の危険性

水銀の恐ろしさは水俣病でご存知だと思います。水俣病の水銀は有機水銀ですが、アマルガムの水銀は無機水銀です。しかし、水銀(重金属)には変わりはありません。水俣病は魚などから水銀が体内に入り、蓄積された結果、発症した病気です。アマルガムの水銀も少しずつ溶けだし、体内に蓄積されていきます。アマルガムの水銀による害は一般の方だけでなく、歯科医にもあまり知られていません。

アマルガムの水銀が原因で発症すると思われる症状

口腔内
  • 歯ぎしり
  • 歯肉の腫れ・出血
  • 口臭
  • 口内炎
  • 顎関節症
  • 歯肉が青く色づいている
  • 金属の味がする 等
口腔外
  • アレルギー性接触皮膚炎
  • 扁平苔癬
  • 全身の湿疹(貨幣状湿疹アトピー性皮膚炎)
  • 異汗性湿疹(掌蹠膿疱症口囲皮膚炎口唇炎)

あなたの歯の治療に「水銀」が使われているかもしれません

40代以上の人はご注意を!水銀と言えば「水俣病」を思い出す方が殆どだと思います。誰でも体には有害だということが分かります。アマルガムは今から20年くらい前までは、頻繁に使われてきました(もちろん現在でも使っている先生はいます)。水俣病の原因は有機水銀です。このアマルガムには、「無機水銀」が使われているのです。毒性は有機水銀の方が強いです。アマルガムは銀、スズ、銅、亜鉛などの金属に無機水銀を混ぜて、固めた金属です。

アマルガムは長年使っていると、口の中で腐食され、水銀や水銀ガスが放出され、それが体内に蓄積され、しだいに体を蝕んでいきます。特に、40歳以上の方は、使用されている方が多いです。口の中でつや消しのような色をした金属があれば、アマルガムだと思ってください。

アマルガム除去後の変化

アマルガムを外したら消えた症状があります

  • 頭痛が消えた
  • 痩せたと思うほど体が軽くなった
  • 頭の重しが取れたように楽になった
  • バネ指が自然に治った
  • リウマチのような関節のこわばりがなくなった
  • 手のむくみが消えた
  • 深夜の動悸がなくなった
  • 不眠が治った
  • 頭の回転が速くなった
  • 10年以上薬を塗布していた湿疹が消えた
  • リュックを忘れたかと思うほど肩が軽くなった
  • 寝返りが打てないほどの腰痛が治った
  • 前屈ができるようになった

当院のアマルガム治療

アマルガム治療時には、削った水が広範囲に飛び散ります。この水には水銀や水銀ガスが含まれています。当院ではアマルガムが体内に入らないように、患者さんに使い捨てのガウン、ゴムマスク、メガネ、キャップなどをご用意しています。

また、歯科医師もガスマスクを装着し、使い捨てのガウンを着用します。口腔外バキュームで有害な切削片や金属片、細菌汚染物質をすばやく捕集していきます。